スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖 2

三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖 2」 栞子さんと謎めく日常 メディアワークス文庫

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る


退院して店に戻った栞子さんが、本に関する謎を解いていくシリーズ第二弾です。
今回も本や作家についていろいろと知識を披露してくれるので勉強になります。

映画でも有名な「機械じかけのオレンジ」は未読ですが、完全版が存在することも知りませんでした。
漫画の古書についても描かれていて面白かったです。
栞子さんの過去や母親の事など、新しい謎が登場し、これからの展開が楽しみです。


アントニイ・バージェス「機械じかけのオレンジ」ハヤカワ文庫NV
小菅奈緒は、中学生の妹が書いたという「機械じかけのオレンジ」の読書感想文で家族がもめていると相談に来る。

福田定一「名言随筆 サラリーマン」六月社
五浦大輔は、学生の頃に付き合っていた晶穂の父親が遺した古書を買い取ってほしいと頼まれ、栞子と一緒に実家を訪ねる。

足塚不二雄「UTOPIA 最後の世界大戦」鶴書房
ある中年の男性客が古書を売りに来るが、栞子さんに「UTOPIA 最後の世界大戦」はいくらで買ってもらえるのかと質問をし、査定を頼んだまま姿を消した。

プロローグとエピローグ 坂口三千代「クラクラ日記」文藝春秋
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

     

コメント

No title

あたたかい雰囲気の文学ミステリですよね。
次はどんな本の話で、どんな人間関係が展開されていくのか楽しみです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

藍色さん

コメントとトラックバックありがとうございます。
どんな展開になっていくのか気になる作品ですよね。
トラックバックさせていただきます。

Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)」三上延

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あると...
     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。