スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖

三上 延 「ビブリア古書堂の事件手帖」  栞子さんと奇妙な客人たち   メディアワークス文庫


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


北鎌倉のビブリア古書堂。
人見知りの美人店主である篠川栞子さんが、骨折して入院中の病室で、奇妙な客たちが関わる古本から様々な事件を解決していく4編の物語です。

本屋大賞の候補に選ばれた話題作なので、読んでみました。
読みやすくて、登場する本の内容を知らなくても楽しめる作品でした。
ビブリア古書堂を訪れる人たちも個性的で、特に坂口夫妻が関わる「倫理学入門」の話は、温かい気持ちになり良かったです。

ある事情で本が読めない五浦大輔が、祖母の本を持ち込んだことから古書堂の店員になり、栞子さんの助手として働くのですが、この二人の関係も、これからどうなっていくのか気になるところです。
続編も読んでみたいと思います。


「夏目漱石 漱石全集・新書版 岩波書店」
五浦大輔は、祖母の残した夏目漱石の本の価値を調べるため、ビブリア古書堂を訪れる。

「小山清 落穂拾ひ・聖アンデルセン 新潮文庫」
せどり屋の志田が、愛読書の文庫本を盗まれたので捜し出すのを手伝ってほしいとやって来る。

「ヴィノグラードフ・クジミン 倫理学入門 青木文庫」
客の坂口が売りたいと持ち込んだ「倫理学入門」を坂口の妻が売らないでほしいと頼みに来る。

「太宰治 晩年 砂子屋書房」
ビブリア古書堂から文学館に貸し出され、生誕100周年の回顧展で展示された貴重な太宰治の「晩年」を譲ってほしいとコレクターから連絡が入る。
栞子さんは、個人のコレクションなので売れないと断ったのだが。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

     

コメント

No title

再読しましたが面白かったです。
ただ、ちょっと気になったのは連載されていた作品でもないのに
話のたびに人などの説明が入っていたのが冗長に感じました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

藍色さん

コメントとトラックバックありがとうございます。
このシリーズは面白いですよね。
続きが早く読みたい作品です♪
トラックバックさせていただきますね。

Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)」三上延

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...
     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。