FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまえさん 

宮部みゆき「おまえさん 上下巻」講談社文庫


おまえさん(上) (講談社文庫)おまえさん(上) (講談社文庫)
(2011/09/22)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


おまえさん(下) (講談社文庫)おまえさん(下) (講談社文庫)
(2011/09/22)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


「ぼんくら」「日暮らし」に続く時代劇シリーズ最新作。
単行本と文庫が同時発売されています。

南辻橋のたもとで辻斬りがあった。
殺された男の身元は不明。
亡骸を片付けて数日経っても、人の形の血の染みが消えずに残っていた。

事件を調べる八丁堀の同心である井筒平四郎は、甥の弓之助と共におでこの話を聞きにいく。
やがて、南本所元町の生薬屋・瓶屋の主人が寝室で切り殺される。
辻斬りと同じ人物によるものだと源右衛門は言うが。

長編ですが、面白く一気に読めました。
色と欲が絡んだ恐ろしい殺人事件の話で、解決までは思ったよりも長くかかりますが、人情あふれる個性的な登場人物たちの魅力により、読後感は爽やかで温かいです。

間島信之輔や大叔父の源右衛門など、新しい登場人物たちも味があり、楽しめました。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     

コメント

Secre

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。