FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の方程式

東野圭吾 「真夏の方程式」 文藝春秋

真夏の方程式真夏の方程式
(2011/06/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る


小学生の恭平は、夏休みに叔母家族が経営する旅館「緑岩荘」で過ごすことになる。
緑岩荘のある海辺の田舎町、玻璃ヶ浦では、海底鉱物資源開発の説明会が開かれていた。
帝都大学物理学者である湯川学も緑岩荘に宿泊することになる。
翌朝、客の梶原正次が死体で発見される。

元警視庁の刑事である梶原は、なぜ、玻璃ヶ浦を訪れたのか。
ガリレオ・シリーズの最新刊です。

事件の当日に緑岩荘にいた湯川学と恭平、東京で事件を捜査する草薙と内海薫。
玻璃ヶ浦と東京の二つの地点から、緑岩荘の事件の真相にせまっていく過程は、
特別珍しい話ではないですが、なかなか面白く引き込まれました。

湯川にしては珍しい、小学生の恭平とのやりとりは、微笑ましかったです。
これで良かったのかとちょっと考えてしまう感じもありましたが、
美しい夏の海を感じる作品で、今の季節にぴったりだと思います。







スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     

コメント

Secre

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。