スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心星ひとつ  

高田都 「心星ひとつ」  ハルキ文庫






女料理人の澪が江戸で奮闘する「みをつくし料理帖シリーズ」第6弾です。
今回は澪の人生に大きな転機が訪れます。
お世話になっているつる家の将来、天満一兆庵の再建、大切な親友の野江や小松原さまへの思いなど、せつなく悩む澪はどの道を選び、どのように進んでいくのか、先がとても気になります。
澪を大切に思う周りの人々の気持ちも温かくて泣けますね。
巻末付録の澪の料理帖も役立ちそうですし、今回はりうさんの特別な瓦版がはじまって楽しめます。


青葉闇ーしくじり生麩
雨の乏しい梅雨が過ぎ、炎暑となった江戸。
常連の坂村堂がつれてきた日本橋の旅籠「よし房」の主人である房八は、坂村堂の父親と幼馴染だという。
芳を気に入り通うようになるが。

天つ瑞風ー賄い三方よし
三方よしの日。吉原廓、翁屋の楼主の伝右衛門が突然、つる家を訪れ、吉原で店を開かないかと提案してくる。
登龍楼の店主、采女宗馬の使いからは神田須田町の店を買わないかと持ちかけられる。

時ならぬ花ーお手軽割籠
長月。近くの煮売り屋でぼやがあり、元飯田町では、飲食店での火の扱いができる時間を朝8時から10時までと制限されてしまう。
困った澪はさめても美味しい弁当を売り出すが。

心星ひとつーあたり苧環
神無月。火の扱いができるようになり、熱い料理を求める客たちで、つる家は賑わいを取り戻す。
澪に武家奉公の話が持ち上がり、女料理人としての重大な決断を迫られる。






スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。