スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ

「ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ」
三上延


ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
(2014/12/25)
三上 延

商品詳細を見る


北鎌倉にあるビブリア古書堂を舞台に、店主の篠川栞子さんとバイトの五浦大輔が、古書にまつわる謎を解いていくシリーズ第6弾。

今回は栞子さんの母親の智恵子だけでなく、ビブリア古書堂を開いた祖父・篠川聖司の時代に何があったのかが描かれていて、どうなっていくのかますます気になりますね。
全く知らなかった太宰治について、特に「走れメロス」のエピソードなど楽しめました。


プロローグ
入院している大輔の前に、栞子の母親である智恵子が現れる。

第一章「走れメロス」
6月。五浦大輔は、栞子さんを負傷させ釈放された古書マニアの田中敏雄から、祖父の田中嘉雄が持っていた太宰治の「晩年」を捜してほしいと依頼される。

第二章「駈込み訴へ」
栞子さんと大輔は、田中敏雄にSNSでメッセージを送ってきた古書マニアのニックネーム「春灯」の手がかりを捜そうとするが見つけられず、太宰治マニアの大学教授・富沢博の娘・紀子を訪ねることに。

第三章「晩年」
富沢紀子の友人でもある久我山書房の鶴代がビブリア古書堂を訪れる。

エピローグ
大輔は智恵子と話すうちにある重要なことに気付く。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。