スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーモンド入りチョコレートのワルツ

森絵都 「アーモンド入りチョコレートのワルツ」 角川文庫

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
(2005/06/25)
森 絵都

商品詳細を見る


「子供は眠る」「彼女のアリア」「アーモンド入りチョコレートのワルツ」中学生が主人公の3つの短編集。

「子供は眠る」 ロベルト・シューマン <子供の情景より>
夏になると、章くんの別荘に従兄弟たちが集まるのが恒例になっていた。
夜には、必ず、章くんのクラシックのレコード鑑賞会が行われる。
最後まで聞くことなく、皆、眠ってしまうくらい退屈な時間だったが、恭と智明、ナスとじゃがまるは、我慢して付き合っていた。

「彼女のアリア」 J・S・バッハ<ゴルドベルグ変奏曲>
球技大会を抜け出して隠れた旧校舎の元音楽室から、ピアノの音色が聞こえてきた。
同級生の藤谷が弾いていたのは、ゴルドベルグ変奏曲。
不眠症患者のための曲だった。

「アーモンド入りチョコレートのワルツ」 エリック・サティ<童話音楽の献立表>
木曜日は、個性的で魅力的なピアノの絹子先生とサティおじさん、君絵との楽しいレッスンの時間を過ごしていた。
しかし、多数の生徒たちの間では、サティおじさんの評判は良くなかった。


主人公の中学生たちが、自分では気づかないうちに、忘れられない人と大切な時間を過ごしていたというお話です。
輝いていた大切な時は終わってしまうけれど、その思い出は消えることなく、いつまでも心の奥にしまわれているのだろうなと思わされる素敵な作品でした。

無邪気に子供たちだけで楽しく過ごしていた夏休みが、とても貴重で大切な時間であったことに気づく少年の成長を描いた「子供は眠る」が良かったです。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。