スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末のフール

伊坂幸太郎「終末のフール」 集英社文庫

終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



8年後に小惑星が地球に衝突し、滅亡すると発表されてから5年が過ぎた。
世界が終わってしまう日が、あと3年にせまった今日。
生き残った人々は、どのような日々を過ごすのか。
仙台北部の団地「ヒルズタウン」に暮らす人たちの生活が描かれます。

すでに恐ろしい混乱の時期は過ぎ、落ち着いた中での人々の生活の中にも
いくつものドラマがあり、様々な人間模様が描かれた8つのストーリー。

すでに家族を失った人、家族が生きてはいるけれど様々な事情を抱えている人。
強い人、弱い人。

それぞれ少しずつ、他のストーリーの登場人物が関わっているのが面白いです。
どの作品も、人との関わり、特に家族というものを考えさせられ、ほんの少しの希望が感じられて温かい作品でした。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。