スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーデュポンの祈り

伊坂幸太郎 「オーデュポンの祈り」 新潮文庫


オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
(2003/11)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


新潮ミステリー倶楽部賞受賞。

コンビ二強盗に失敗し、警察から追われていた伊藤は、気がつくと、轟という男に荻島に連れて来られていた。
150年前から鎖国状態の荻島には、未来が分かり、人間と話ができる案山子の優午が、田んぼの真ん中に立っていた。
優午は、伊藤が、荻島に来ることを知っていたと言う。
荻島には、欠けているものがあり、外からやって来た者が置いていくと言う。

伊坂幸太郎のデビュー作です。
シュールで不思議な魅力のあるお話でした。

なんと、人間と話す案山子が登場し、しかも、未来を知っていると言うのです。
荻島では、ちょっと変わった人たちが、普通とは違う規律の中で生きています。

市場から動く事ができない女店主ウサギ、
銃を持ち、人を裁く事が許されている美しく詩を愛する男、桜、
全く正反対の事しか話さないという画家の園山など、印象的な人物が沢山登場します。
しかし、読み進むうちに、主人公の伊藤と一緒に荻島に馴染んでいき、不思議な世界に引き込まれていきます。

荻島に欠けているものとは、何か。どうやって持ち込まれるのか。
パズルが完成していくようなラストは見事です。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。