スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のカルテ3

夏川草介 「神様のカルテ3」 小学館文庫

神様のカルテ 3 (小学館文庫)神様のカルテ 3 (小学館文庫)
(2014/02/06)
夏川 草介

商品詳細を見る


24時間365日対応の信州松本平にある本庄病院を舞台に、奮闘する医師の姿を描く人気シリーズ第3弾。

今回は新しく女医の小幡が赴任してきて、全く違う医者としての生き方に戸惑い、患者に向き合っていく内科医・栗原一止の姿が描かれています。
患者さんたちの人生も様々で、患者の立場や家族の立場からもいろいろと考えさせられました。
一止と妻のハルさんとのさりげなく温かい関係もいいですね。
今作が第一部完結編だそうですが、新しく自分の道を歩み始める栗原一止がどうなるのか、ぜひ、続きを読んでみたいです。


プロローグ
内科部長に声をかけられて、栗原一止は大学病院の拡大内視鏡の研究会に行くことになる。

第一話 「夏祭り」
アルコール性肝硬変の横田が救急に運ばれてくる。
治療が必要なのに外来にも来ない患者だった。
再び飲酒して倒れた横田は、どうしても金魚屋の仕事に戻りたいと騒ぐ。

第二話 「秋しぐれ」
新しく消化器内科の小幡奈美先生が赴任してくる。内科部長の板垣先生が大学医局にいた頃の弟子だという。

第三話 「冬銀河」
外科医の砂山次郎が年明けから、信濃大学へ戻ることになった。
砂山次郎は、小幡奈美先生が救急部の患者を検査せずに放置したという噂を耳にしたと栗原一止に話すが。

第四話 「大晦日」
救急部の外村師長が休みをとり、現場が荒れていた。
小幡奈美先生と患者をめぐって衝突したことが原因らしかった。

第5話 「宴」
栗原一止の担当患者、島村耕三の手術の病理結果をめぐり、医師たちは非公式で会議に召集される。

エピローグ
三月末日。一年半ぶりに、御嶽荘に学士殿が帰ってくる。


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

夏川草介「神様のカルテ2」

夏川草介「神様のカルテ2」

神様のカルテ 2神様のカルテ 2
(2010/09/28)
夏川 草介

商品詳細を見る


内科医の一止は、大学病院の勤務を断ってからも、本庄病院で忙しい日々を送っていた。
新しく血液内科医の進藤が赴任してくる。
一止の古くからの友人である進藤の勤務状態は最悪だった。

再び、一止とハルさんに会えてうれしいと思える作品でした。
今回も泣かされました。
特に、70年連れ添ったトヨさんとマゴさん夫婦の絆には感動しました。
医師の前に人間であるという当たり前のようで、現実には厳しい過酷な勤務をこなす医師と家族の姿が描かれていて考えさせられます。
長野の大自然と一止とハルさんのお互いを思いやる姿に癒されました。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

神様のカルテ

夏川草介 「神様のカルテ」 小学館文庫


神様のカルテ (小学館文庫)神様のカルテ (小学館文庫)
(2011/06/07)
夏川 草介

商品詳細を見る


信州の地方都市にある本庄病院は、24時間365日、患者を受け入れている。
勤めて5年目になる若き内科医の栗原一止は、ほとんど休むことなく勤務し、忙しい日々を送っていたが、
大学病院の医局に来ないかと誘われていた。

夏目漱石を敬愛し、古風な話し方をする優しい医者の栗原一止が、ある末期の患者と関わるうちに、自分の進む道を考えることになる温かいお話でした。

結婚1周年になる山岳写真家の妻ハルや築50年の御岳荘に住む男爵や学士殿など、周りの人たちも個性的で、風変わりだけれど温かい人たちで魅力的です。

大学病院では診てもらえない末期の患者、安曇さんのお話は、とても心温まるもので泣けました。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。