スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぼうの城

和田竜 「のぼうの城 上下」小学館文庫

のぼうの城 上 (小学館文庫)のぼうの城 上 (小学館文庫)
(2010/10/06)
和田 竜

商品詳細を見る
のぼうの城 下 (小学館文庫)のぼうの城 下 (小学館文庫)
(2010/10/06)
和田 竜

商品詳細を見る


戦国時代。
天下統一を目前にした豊臣秀吉は、関東の王である北条家の支城を攻撃するよう石田三成に命じた。
その城は、武州の湖で囲まれた「浮城」の異名を持つ忍城。
難攻不落の忍城の城代となる成田長親は、木偶の坊の「のぼう様」と呼ばれていた。

天正18年、6月4日。石田三成が指揮をとる2万の大軍が忍城を包囲する。
忍城は500の兵力で迎え撃つ。

身体つきは大きく、村の農作業を手伝うのが好きだが不器用で、百姓領民から迷惑がられてしまい「のぼう様」と呼ばれる成田長親。
馬術、刀術、槍術、どれも苦手で、とても優れた武将のようには見えない長親を総大将にして、たった500の兵力で、石田三成の2万の大軍を迎え撃つのですから痛快です。

一見、表情もなく動きも鈍い武将としての才能が無さそうなのに、他の者には無い力を秘めていたのぼう様。
まったく新しいタイプの戦国の武将が描かれていて、面白いです。

のぼう様を支える武将たちも、漆黒の魔人と呼ばれる幼馴染の正木丹波守、巨漢で剛勇な柴崎和泉守、少年のような酒巻靭負と、それぞれ個性的で魅力があります。
勝気な甲斐姫も存在感があり良いですね。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。