スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さいお家

中島 京子 「小さいおうち」

小さいおうち小さいおうち
(2010/05)
中島 京子

商品詳細を見る


直木賞受賞。

昭和5年。
尋常小学校を出たタキは、山形の田舎の村から、女中奉公のため東京へ出てくる。
特に思い出されるのは、昭和10年に建てられた、郊外の平井家の小さな赤い瓦屋根の洋館での奉公だった。
タキの平井家での11年の奉公の記憶を綴ったノートには、秘密の恋愛事件が描かれていた。

雰囲気のある作品でした。
途中までのんびりとした調子ですが、最終章にはぐっと引き付けられます。
戦争直前の時代、裕福な平井家の豊かな生活ぶりに憧れます。
オムレツにカレーライスなどの洋食、アイスクリーム、タコのソーセージにウサギに切ったリンゴの特別な日のお弁当など、読んでいて楽しい気分になりました。
タキが平和な幸せな時を一緒に過ごした、美しい奥様の思い出の赤い屋根の洋館の情景が浮かんでくるようでした。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。