スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地明察

冲方 丁 「天地明察」

天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


2010年本屋大賞受賞。吉川英治文学新人賞受賞。

22年間かけて、太陽暦を作り上げた、碁打ちで数学者の渋川春海を描いた歴史小説です。

江戸時代に暦を作った碁打ちの数学者の話というと、かたそうなお話のようですが、とても面白い作品です。
碁や暦に詳しくなくても、22歳から45歳の春海の爽やかな成長物語として楽しめました。
12歳から徳川家に仕える碁打ち衆となり、四代将軍家綱の御前で碁を打つ渋川春海(本名は安井算哲)。
碁の才能がありながらも算術を愛する、優しい人柄の春海が非常に魅力的です。

春海が、刺激を受けた同い年の算術の達人である関孝和、恋心を抱いた荒木えん、
実直な会津藩の安藤有益、大先輩であり、未来の指針を与えてくれた観測隊の建部昌明、伊藤重孝など、登場人物たちが個性的でそれぞれ魅力があります。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。