スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食堂かたつむり

小川糸 「食堂かたつむり」ポプラ社

倫子が、バイト先のトルコ料理店から帰宅すると、インド人の恋人の姿はなく、祖母からもらったぬか床だけが残されていた。
高速バスに乗り込み、帰郷した倫子は、一日一組だけのお客に特別な料理を出す食堂を開くことにする。

失恋して声を失った倫子が、田舎で開いた食堂かたつむりで、一組のお客のために心を込めて料理を作り、交流していく中で倫子も少しずつ変わっていくというお話で読みやすい作品でした。

祖母の思い出など、良いなと思うエピソードもあるし、料理も美味しそうなんだけれど、倫子に共感できないところもありました。



食堂かたつむり (ポプラ文庫)食堂かたつむり (ポプラ文庫)
(2010/01/05)
小川糸

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。