スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚像の道化師  

東野圭吾 「虚像の道化師」 




草薙刑事と天才物理学者、湯川准教授が事件を解決するガリレオシリーズの短編集です。
単行本二冊分の文庫オリジナル編集、7編収録です。
短編ですが、双子の姉妹のテレパシーや透視能力を持つホステスなど、バラエティに富んでいて楽しめました。
それぞれタイトルも面白いですね。
続編も読んでみたいと思います。



第一章 幻惑す まどわす
宗教法人クアイの会の教祖である連崎が殺人を犯したとして自首してくる。
心を浄化しようとして手を触れることなく信者を死亡させてしまったと言うのだが。


第二章 透視す みとおす
クラブ「ハープ」のホステスであるアイが何者かに殺害される。
アイは特殊能力で客の持ち物や過去を透視することを得意としていた。


第三章 心聴る きこえる
会社員の早見が自宅マンションのベランダから飛び降りて死亡する。
自殺とみなされたが、同じ営業部の加山が病院で暴れだし、居合わせた草薙刑事に取り押さえられる。
加山は人の声が頭の中で聞こえたと話すが。


第四章 曲球る まがる
東京エンジェルスの柳沢投手の妻がスポーツクラブの駐車場で殺害される。
戦力外通告を受けた柳沢は、湯川准教授にピッチングを分析してもらうことになるが。


第五章 念波る おくる
御厨藤子は、姪の春菜に胸騒ぎがするので、双子の姉の若菜に連絡してほしいと頼まれる。
若菜と連絡がつかないので、夫の磯谷知宏に連絡する。
急いで帰宅した知宏は、玄関で倒れている若菜を発見する。


第六章 偽装う よそおう
草薙刑事と湯川教授は大学時代の友人である若き町長、谷内の結婚式に出席するため、山奥のリゾートホテルを訪れる。
近くの別荘で殺人事件が発生し捜査に協力することになるが。

第七章 演技る えんじる
劇団の演出家である駒井が殺害される。
第一発見者として通報したのは元恋人で女優の神原敦子だった。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

疾風ロンド

東野圭吾「疾風ロンド」実業之日本社文庫

疾風ロンド (実業之日本社文庫)疾風ロンド (実業之日本社文庫)
(2013/11/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


「白銀ジャック」に続く、スキー場が舞台のいきなり文庫シリーズ第二弾のようです。

研究所で10度以上になると拡散する細菌兵器が盗まれ、スキー場に隠される。
発信機の隠されたテディベアーのキーホルダーが目印に木に吊るされていた。
しかし、研究所に脅迫状を送った犯人は、交通事故で死亡してしまう。
研究所の栗林は密かに細菌を探し出し、回収しようと高校生の息子の秀人とスキー場へ向かうが。

文庫で新作が読めるのはうれしいですね。
スキーの授業に来ていた地元の中学生や研究所の職員、レスキューたちが関わっていき、細菌兵器が無事に回収されるのか、ドキドキしながら読めました。
終盤近くに、地元のお店の奥さんが語る深い言葉に感動します。
思っていたよりも軽い感じで爽やかなラストに驚きました。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

ナミヤ雑貨店の奇蹟

東野圭吾 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 角川グループパブリッシング


ナミヤ雑貨店の奇蹟ナミヤ雑貨店の奇蹟
(2012/03/28)
東野 圭吾

商品詳細を見る


真夜中の住宅街。
3人の若い男たちが、夜をすごすために忍び込んだ古い雑貨店のシャッターの郵便受けに、誰かが手紙を投函した。
店にある古い雑誌によると、40年前、悩み相談の手紙を郵便受けに投函すると、店主の雄治から牛乳箱に返事が来ると評判になったという記事が載っていた。
3人は半信半疑で、悩み相談の手紙に返事を書いて牛乳箱に投函してみると、すぐにその返事が投函される。

時空を超えて、悩み相談を引き受ける不思議なナミヤ雑貨店に手紙を出して運命を変えた人たちの物語です。
オリンピックを目指す月のウサギ、水商売の道を考えている迷える子犬、ミュージシャンを目指す克郎、愛人の子供を身ごもったミドリ、夜逃げすることになった浩介など。
ナミヤ雑貨店に相談したことにより、それぞれが自分の人生の選択をし、懸命に生きていく姿が描かれていて泣けました。
一見、関わりがなさそうだった相談者たちと相談を受けた3人との関係も途中から想像できますが、良いお話でした。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

歪笑小説

東野圭吾「歪笑小説」集英社文庫

歪笑小説 (集英社文庫)歪笑小説 (集英社文庫)
(2012/01/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る


灸英社の編集長や編集員、作家たちが登場する12の短編集で、少しずつ繋がりがあり楽しめました。
スライディング土下座を得意とする、やり手の編集長の獅子取が個性的で面白いです。
編集員もいろんな特技が必要なようで、大変だなと思いながらも笑えて楽しめました。

小説誌の連載についての話、スランプからの脱出の仕方、映像化の話など、出版業界の裏側を覗けて「文学賞創設」「最終候補」など、ちょっと良い話もあり、読んでお得な「いきなり文庫!」でした。



「伝説の男」
灸英社書籍出版部に配属がきまった青山は、伝説の編集長である獅子取の下で働くことになる。

「夢の映像化」
若手作家の熱海圭介は、担当編集者の小堺から新人賞受賞作「撃鉄のポエム」が映像化されるかもしれないと聞き、有頂天になるが。

「序の口」
新鋭作家の只野六郎は、灸英社編集長の獅子取の勧めで、ベテラン作家たちと一緒にゴルフをすることに。

「罪な女」
若手作家の熱海圭介は、編集者の小堺から新しい担当の川原美奈を紹介され、夢中になってしまう。

「最終候補」
会社で居場所のない46歳のサラリーマン石橋は、灸英社のミステリ新人賞に応募する。編集者の小堺から最終候補に残る作品だと言われ、作家を夢見る。

「小説誌」
編集員である神田の中学生の息子が、会社見学に来ることになり、若手編集員の青山が案内を担当することになるが。鋭い質問にうろたえることに。

「天敵」
新鋭作家の只野六郎が付き合っている須和元子は、マネージャーのように仕事に口出しするタイプで、担当の小堺にとって天敵だった。

「文学賞創設」
編集員の小堺と青山は、編集長の獅子取に呼ばれ、新文学賞創設のプロジェクトに関わることに。

「ミステリ特集」
編集員の青山は、短編ミステリ特集のために、本格ミステリを書ける作家を急遽探すことになるが。

「引退発表」
仕事を依頼されなくなった作家の寒川心五郎が引退会見をしたいと言い出し、編集員の神田は仕方なく引き受けるが。

「戦略」
若手作家の熱海圭介は作品を売り出すため、編集長の獅子取が考えた個性的なキャラクターに変身してマスコミに登場することに。

「職業、小説家」娘の元子が結婚したいと連れてきたのは、新鋭作家の只野六郎だった。心配になった父親の光男はリサーチすることに。



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

マスカレード・ホテル

東野圭吾「マスカレード・ホテル」

不可解な連続殺人事件が発生する。
一流ホテルであるコルテシア東京が次の標的だと推測され、潜入捜査官を配置することになった。
刑事の新田浩介は、山岸尚美の担当するフロントに配属される。

舞台が一流ホテルということで、いろんなタイプの客が現れ、面白く読めました。
優秀なホテルウーマン山岸尚美のプロ意識は素晴らしいなと感心しました。

事件の手がかりは、残された数字だけで、犯人も狙われている人物も全く分からないという状態から捜査が行われます。

新しい主人公の新田浩介は、頭が良く、英語に堪能、プライドの高い若い刑事です。
強面の警察官の中で、ホテルマンに変装しても違和感のないルックスで爽やかな印象でしょうか。

冴えないけれど、仕事ができるベテランの能勢刑事が、いい味だしてました。


マスカレード・ホテルマスカレード・ホテル
(2011/09/09)
東野 圭吾

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

     
プロフィール

verde1

Author:verde1

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
クリックで救える命がある。
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。